a_a

いいものリスト

http://stone.dialog.jp/tumblr/gallery.html?user=bibidebabideboo  50件毎 http://tumb.la/bibidebabideboo  50件+50件+50件+… http://bibidebabideboo.tumblr.com/day/20●●/●●/●●  日毎
9月 18
Permalink

nubbsgalore:

male mouthbrooding jawfish — such as the mottled (seen in the third photo with spikes on the side of its head from a fireworm attack), the yellowhead, the banded, and the cardinalfish seen here —  use their mouths to protect their eggs until the fry hatch. 

mouthbrooding fish are able to produce smaller numbers of offspring with a higher chance of survival than species that offer no broodcare. the males, however, are not able to eat during this period of incubation (which can last anywhere from one to three weeks), but will open their mouths, spitting the eggs out and then sucking them back in to keep them clean and aerated. 

photos by (click pic) nicolas terryshigeru harazaki, steven kovacs, keri wilk, michael patrick oneilll and marcello di francesco 

(andi-bから)

Comments (View)
Permalink

(元記事: alysejoelleblog (kierstencrowleyから))

Comments (View)
Permalink
Comments (View)
Permalink

1783年(天明3年)、浅間山は大噴火した。噴煙は、上空1万メートルにまで達し、その時に流れ出た溶岩流は、付近の村々をあっというまに覆い尽くし、約1200人もの命が失われた。

流れ出た溶岩流は、何もかも焼き尽くしながら吾妻川へと流れ込み、川の岸辺には溶岩と一緒に運ばれてきた凄まじい数の死体と、家屋の残骸が打ち上げられた。

特に火口付近に近かった鎌原(がまはら)村は、わずか十数分の間に村全体が溶岩流に覆われ、この村だけで、477人の犠牲者を出した。だが、村人たちが全滅したわけではなく、何とか93人ほどは、近くの高台に非難し、命拾いしたという。その後、火山の山麓付近では約3ヶ月間に渡って煙がくすぶり続け、歴史的な大災害となったのである。



そして歳月は流れ、ようやくこの大噴火も昔話となりつつあったころ、鎌原(がまはら)村で、驚くような事件が起きた。

ある夏の日、一人の農民が井戸を掘ろうとして、ひたすら土を掘り起こしてした。だがしばらく掘っても、全く水が出る気配がない。更に、もうちょっと掘ってみると土の中から瓦(かわら)が出てきた。

おかしな物が出てきたもんだと思い、穴を横に掘り広げてみると、今度は屋根が出てきた。家が丸ごと、この下の埋まっている・・そう直感した農民は屋根の一部を壊して穴をあけてみた。

中を覗き込むと、その下には家のような空間が広がっており、人間が二人ほど底の方でうごめいているのが見えた。
すぐに付近の人を呼び、この老人を助け出して事情を聞いてみると、びっくりするようなことを語りだした。


「何年か前、浅間山が大噴火をした時に、一家6人でこの倉庫の中に隠れたが、そのまま地中に埋められてしまった。横に穴をあけて逃げることも出来ず、ずっとここで暮らしていたのだ。

幸いここは倉庫で、米も3000俵あり、酒も3000樽ほどあったので、これらを食いながら今まで生きながらえてきた。4人はすでに死んでしまったが、我々は再びこうして地上に出ることが出来て、また皆さんと会うことも出来て無上の喜びを感じている。」

老人たちが発見されたのは文化12年。浅間山の大噴火から33年後のことである。

老人たちの話が本当だとすれば、この二人は実に33年間もの間、地中で暮らしていたことになるのだ。
この話は、江戸時代の狂歌師・大田蜀山人(おおた・しょくさんじん)が書き残している事件である。
Comments (View)
Permalink
ada:

Sunset Puddle. Toronto, 2014.

ada:

Sunset Puddle. Toronto, 2014.

(出典: aaronwynia)

Comments (View)
Permalink

(元記事: corinthian-girl (luminousinsectから))

Comments (View)
Permalink
Comments (View)
Permalink
copula:

Sid Vicious & John Lydon

copula:

Sid Vicious & John Lydon

Comments (View)
Permalink
exercicedestyle:

J. Blakeney

exercicedestyle:

J. Blakeney

Comments (View)
Permalink

(元記事: themagicfarawayttree (exercicedestyleから))

Comments (View)